お金のない夫から慰謝料はとれる?

夫の浮気により離婚が決定。ただ、夫の年収は200万円程度と低く、貯金もありません。おカネのない夫から浮気の慰謝料をとることはできるのでしょうか。

低所得な夫でも責任の重さが変わらない

貧乏慰謝料とはそもそも、不倫という不法行為によって受けた精神的苦痛をお金で償うという性質のものです。慰謝料の金額は一律に決まっているわけではなく、次のような要素を総合的に考慮して算出されます。

  • 浮気していた期間、回数
  • 婚姻期間の長さ
  • 子供の有無
  • 浮気の悪質性
  • 夫やあなたの年収
  • 夫やあなたの年齢

不法行為なのですから、収入が少ないことを言い訳に責任を逃れることはできません。夫が低所得でも、慰謝料という形で責任をとらせることは十分可能ですので安心してくださいね。浮気が原因で離婚に至った場合の慰謝料の相場はだいたい100万円~300万円程度といわれています。夫からもらえる慰謝料としてはこの幅で考えておくとよいでしょう。

お互い離婚条件に納得しているなら協議離婚

離婚届離婚には協議離婚、調停離婚、裁判離婚という段階があります。協議離婚とは夫婦間の話し合いによって成立する離婚のことで、家庭裁判所などは介入しません。あなたがた夫婦がどちらも離婚に合意しており、夫も自分の浮気を認め慰謝料を払う意思があるのであれば、協議離婚でひとまず一件落着です。

必ず離婚協議書を作ろう

協議離婚の際に注意することは、取り決めた内容を必ず離婚協議書という形で書面に残すということです。口約束では絶対にダメ。以下のような内容を記載した離婚協議書を必ず作成しましょう。

  • 離婚に合意した旨
  • 慰謝料の金額、支払い方法、支払期間
  • 財産分与
  • 親権者の指定
  • 養育費
  • 面接交渉
  • 年金分割
  • 公正証書を作成するかどうか

離婚協議書を公正証書に

いったんは慰謝料の支払いに合意した夫があとになって気を変え、約束を果たさなくなるというケースはよくあります。そうした事態に備え、離婚協議書を公正証書にしておきましょう。公正証書とは公証人が作成する文書のことで、給与等を差し押さえる効力を持つことが最大の特徴です。

夫が無職で貯金もゼロ、生活保護で暮らしている場合などには、確かにお金の回収は難しいといわざるを得ません。ただ、少ないながらも一定の収入があるなら、公正証書の効力により慰謝料を払わせることは可能です。

合意がなければ調停、裁判

裁判所イメージ夫が浮気を認めず、慰謝料の支払いにも応じない姿勢を見せるのであれば、あなたは離婚調停を申し立てることになります。調停委員にお互いの言い分を伝え、その中で夫の浮気の事実と慰謝料の支払いを求めましょう。調停では証拠の提出は必須ではありませんが、証拠を示すことであなたの主張が説得力を増すことは確かです。

調停委員を仲介とした話し合いにより、お互いが合意に至れば調停が成立します。離婚調停が成立すると、慰謝料や養育費などについて調停調書が作成されます。調停証書は公正証書と同様に、取り決めた支払いがなされなかった場合に給与等を差し押さえる効力があります

裁判は費用がかかる

コスト夫があくまで慰謝料の支払いを拒むのであれば、調停は不成立となります。浮気は法定離婚事由の一つなので、最終手段としてあなたは家庭裁判所に離婚の訴えを起こすことができます。ただ、自力で対処可能な協議離婚、調停離婚と異なり、裁判離婚では弁護士に依頼する必要があります。弁護士にかかる費用としては、着手金30万円+報酬(慰謝料の10%)が相場とされており、訴訟費用や親権交渉費用も別途必要です。もらえる慰謝料の金額によっては赤字となってしまうおそれもあるので、弁護士事務所の初回無料相談サービスなどを利用し、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

万全の策を講じてきっちり回収しよう

考える慰謝料は、不倫という不法行為によって受けた精神的苦痛に対しお金で償ってもらうという意味合いのものなので、有責側が低所得であっても請求可能です。協議離婚が成立する際には必ず離婚協議書を作成しておいてください。

離婚訴訟を起こすことも可能ですが、弁護士にかかる費用と慰謝料の額の折り合いがつくか、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。