浮気する人は罪悪感を持っていないの?

浮気した夫と相手の女性には、せめて自分たちのしたことを後悔してほしいと思いますよね。どんな方法をとれば二人に自分たちの罪深さを自覚させることができるのでしょう。相手にとっていちばん痛い部分を突いてやれば後悔させられるのでしょうか。

恋は別腹という価値観だと解決は難しい

不倫という裏切り行為をしておきながら、夫や浮気相手はなぜ平然としていられるのでしょうか。人間はどこまでも身勝手になれる生き物ですから、二人は許されない愛にのぼせ上がるあまり、あなたのことはまったく頭にないのでしょう。

もしくは、夫はもともと「結婚と恋愛は別」という価値観を持っているのかもしれません。家庭を持ちつつ、恋愛はよそで楽しみたいというのであれば、あなたがどんなに訴えても浮気を後悔させることはできないでしょう。責めれば責めるほど夫はうるさがり、あなたの言葉に耳を貸さなくなっていき、しまいには家に帰ってこなくなるかもしれません。

離婚を駆け引きに使ってはダメ

夫や浮気相手が他人のことを思いやって欲望にブレーキをかけられる人間であれば、不倫に走ることもないのです。そうした理性や良心を持たない二人に対して、いくらののしったり責めたり泣いたりしてみてもムダです。相手の心には何も響かないでしょう。相手がやましさを感じている場合にはこうしたふるまいはそれなりに効き目がありますが、浮気に対してそもそも罪悪感を持っていない相手にはまったく役に立ちません。

「浮気を反省しないなら離婚します」という切り札は、あなたが本当に離婚を覚悟していない限り安易に使ってはいけません。結婚生活と浮気はあくまで別物、家庭は維持しつつ浮気はやめたくないと夫が考えている場合、面倒を避けるために一応、表面的な反省を口にする可能性も考えられます。決して心から反省しているわけではないため、真の解決にはなりません

また、「離婚して自分が今より幸せになったら、夫は後悔するだろう」「離婚して今よりイイ女になったら夫は後悔するだろう」という発想はやめましょう。あてつけのために離婚・再婚して、心から幸福を味わえるでしょうか。自分を裏切った夫のことなどさっさと忘れ、どうすれば自分が幸せになれるかだけを考えるべきではないでしょうか。

最も有効なのは金銭的ペナルティ

相手女性に対しては、不倫のことを職場にばらしたり、相手の実家に知らせたりしてやりたいと思うかもしれません。しかしこうした行為はプライバシー侵害や名誉毀損に抵触する恐れがあります。どれだけ腹が立っても決して手を出してはならない禁じ手と肝に銘じてくださいね。合法的でなおかつあなたの品格を傷つけず、相手に自分の愚かさを後悔させられる最適な方法は、やはり慰謝料請求です。

すべてを失ったとき、夫は初めて後悔する

夫に浮気を後悔させたいというのは、自分がどれほど傷ついたのか理解してほしいという気持ちの表れです。問題は、夫があなたの気持ちを思いやることができないこと。夫に理解させるには思い切ったアクションが必要です。「不誠実な人とは一緒に暮らせません」とメッセージを残し、荷物をまとめて家を出ましょう。そのまま別居が続き離婚となる可能性も当然ありますが、リスクを取る覚悟をしなければ夫の心を揺さぶることはできません

浮気を後悔してほしいというのは、夫への愛情があるからです。浮気を我慢して夫との結婚生活をとるか、夫からの100%の愛情を賭け、離婚覚悟で家を出るか。決めるのはあなたです。

浮気相手には慰謝料、夫には別居

結婚と恋愛は別という価値観の持ち主に対し、浮気を後悔させるのは難しいことです。離婚を切り札に夫を責めてもうまくいかないでしょう。

浮気相手にできる合法的かつ最も効果的な制裁は慰謝料請求です。夫に対しては、離婚覚悟で別居に踏み切ることをおすすめします。