浮気性は完治不能のビョーキ?

今までに何度も浮気をしてきた夫。しかし浮気を問い詰められるたびに「離婚だけはしたくない」と謝るので、つい許してしまいます。そしていつの間にかまた浮気が始まるというパターン。さすがにもう堪忍袋の緒が切れますね。俗に浮気性は治らないといいますが、いちど浮気をした人は必ず繰り返すというのは本当なのでしょうか。

夫は本当に反省している?

自省男女の仲は理性では推し量れないもの。妻がいる身であるにもかかわらず、よその女性に真剣な恋愛感情を持ってしまうことはありえます。しかしそんな運命的とも言える婚外恋愛は一生に一度あるかないかでしょう。軽い火遊びを何度も繰り返す夫は単に浮気性なだけと考えられます。

浮気を許すということは事実上、夫の浮気をあなたが受け入れてしまっているということに他なりません。夫にとって家庭は生活の基盤であり、社会生活を営んでいく上で必要不可欠なもの。浮気の楽しみと家庭とは同時に維持したいものなのです。他人から見ると理解不能に思えますが、夫本人の中で浮気と家庭はまったく異なる次元に存在しているため、両立させることになんら疑問はないのです。

辛いと伝えているのに、どうして浮気を繰り返すの?

悲しい浮気性の男性は総じて、女性関係はだらしなくても子煩悩で良いパパであるケースが多く、妻がいまひとつ離婚に踏み切れない一因となっていることがあります。性格的には、良くも悪くも好奇心旺盛で人当たりが良い、誘われるとノーと言えない、意志が弱く場の雰囲気に流されやすいといった特徴があります。つまり浮気性は表面的な問題ではなく、性格のかなり深い部分に根ざしているということをまず頭に入れておいてください。

あなたが浮気されて辛いといくら訴えても、夫は他人の心の痛みを我が事として感じることできません。自分の欲求にはとことん忠実でも、他人の気持ちにはいたって無頓着なのです。その意味で夫は大きな子供のようなもの。あなたの辛さを夫はまったく理解していない、そもそも理解できないと考えたほうがよいでしょう。

浮気性改善は本人の意志が不可欠

意志人の性格を変えるのは難しいけれど、行動を変えることはできます。意志薄弱で誘惑に弱い夫の性格を鑑み、単に「浮気しないで!」と言うのではなく、なるべく具体的・明確な浮気防止策を講じることが効果的です。

たとえば、以下のようなNGリストを作り、夫に守らせるようにしてみましょう。

  • 女性と二人きりで外出や食事をしない
  • 同僚女性には個人的な連絡先を教えない
  • 同僚女性とはプライベートな連絡は取らない など

浮気性な夫はモラル意識が低いので、ルールがないと「これぐらいなら浮気じゃないだろう」と自分に都合良く解釈します。ルールがない状態では、連絡を取るだけなら浮気じゃない→食事するだけなら浮気じゃない→キスぐらい浮気じゃない、というふうにどんどんエスカレートしていきます。基本的なルールを設け、徹底的に守らせることが重要です。もちろん、浮気性を治したいという意志を夫が持っていることが大前提です。

お金を持たせないようにする作戦も有効ですが、女性関係にだらしない人はえてして金銭感覚もルーズです。手元が不自由になると、安易に消費者金融などに手を出す恐れもあるので注意が必要です。

とことん付き合うか、きっぱり別れるか

歩いていく浮気性の夫というのは実に手のかかるものです。その上であなたはまず、夫の浮気にとことん付き合っていく覚悟があるか、見切りを付けて縁を切るか決断しなければなりません。浮気性の夫との生活には悩みが絶えないかもしれませんが、愛情があるなら夫に賭けてみるという選択もアリです。

もう浮気夫にはこりごりというのであれば、これまでの不倫分の慰謝料を請求してきっぱり離婚することをおすすめします。夫が離婚に応じず協議、調停が不成立となっても、浮気(不貞な行為)は民法770条に定める法定離婚事由の一つなので、あなたは離婚の訴えを家庭裁判所に提起することができます。

愛が残っているかどうかが決め手

愛浮気を繰り返す夫は、性格の深い部分に起因する浮気体質であると考えられます。夫の行動を改めさせるには、浮気性を治そうとするよりも、してはいけないことを具体的に明文化し、守らせることが有効です。