浮気相手はどこで働いている人?

夫が浮気をして離婚をすることに。慰謝料請求をする際には浮気相手との接触が必要になりますが、相手の職場がわからないときはどうすればよいのでしょう。夫とは違う職場のようなのですが、調べる方法はあるのでしょうか。

浮気相手の職場を調べる方法

会社どこの誰ともわからない相手には慰謝料請求できませんので、まずは相手の身元を確認する必要があります。相手を逃がさないようにするという意味では、氏名と住所に加え、勤務先もおさえておけばより安心です。

相手の勤務先を調べるのに最も確実なのはやはり、弁護士に依頼することです。探偵でも身元調査はできますが、調査方法が法的に問題ないものであるかは定かではありません。弁護士なら、職権により合法的に相手の身元を調べる手段を持っています。その一つが「弁護士会照会制度」です。

弁護士だけが利用できる手段

弁護士法第23条の2には「弁護士は、受任している事件について、所属弁護士会に対し、公務所又は公私の団体に照会して必要な事項の報告を求めることを申し出ることができる」と定められています。たとえば電話番号から氏名や住所を電話会社に照会する、勤務先に現住所を照会する、メールアドレスから電話番号を電話会社に照会することなどができます。照会を依頼された企業等は、基本的に照会に応じる義務があると考えられています。

また、個人情報保護の観点から、一般人は他人の戸籍謄本や住民票等を勝手に取得することはできませんが、弁護士なら戸籍や住民票の職務上請求をすることができます

必ずしも勤務先を調べる必要はない

家上記の手段により、相手の住所を手に入れられる可能性は高いでしょう。内容証明郵便は相手の自宅に送るのが原則ですから、勤務先を調べる必要は必ずしもありません。勤務先に送るのが許容されるのは、どうしても住所がわからない場合だということは頭に入れておいてください。内容証明郵便を本人以外の第三者に見られることは通常考えにくく、職場に送っても名誉棄損にあたるおそれは低いでしょう。勤務先に送る場合は本人限定受取郵便など、他人にばれないようにする配慮も必要です。嫌がらせのためにわざと勤務先に送るのは慎みましょう。

自力でも基本的な調査は可能

相手の逃げ場をなくすためにどうしても勤務先もおさえておきたいのであれば、自分でも調べる方法はあります。まず試してみたいのがSNSで相手の氏名を検索してみること。相手が自分のプロフィール欄に記載していれば知ることができる可能性があります。インターネットで氏名を検索してみれば、仕事関係の情報がヒットする可能性もあります。また、浮気相手は夫と何らかの場で接点があるはずですから、年賀状や写真、名刺などを調べてみましょう。

探偵などに依頼して相手を尾行してもらえば相手の勤務先が簡単に判明します。しかし、嫌がらせ目的で相手の勤務先を調べたいと依頼しても弁護士は応じないでしょう。

会社にばらすのはルール違反

ダメ

刑法の名誉毀損罪は「公然と事実を摘示することで人の名誉を毀損すること」と定められています。「公然と」とは不特定多数または多数の人に知られうる状態にすること、「毀損」とは「人の社会手評価を下げること」と考えられています。相手の会社に不倫の事実をばらすために浮気相手の職場に乗り込んだり、チラシをまく等の行為は、刑事上の罪に該当するおそれがあるので絶対にやめてください。あなたが暴露したことにより相手が解雇されるようなことがあったら、相手が得られるはずだった賃金額に相当する損害賠償を請求される可能性もあります。

嫌がらせ目的はダメ!

書類弁護士会照会制度や戸籍・住民票の職務上請求など弁護士が有する手段を利用すれば、電話番号や氏名、メールアドレスなどから相手の住所が判明する可能性があります。慰謝料請求の内容証明郵便は相手方の自宅に送るのが原則ですので、勤務地を調べる必要性は必ずしもありません。相手の勤務先に不倫の事実を暴露する行為は名誉毀損罪に当たる可能性がありますので絶対に避けましょう。