既婚者のくせに、よその女性と2人きりで食事するなんて!

夫のズボンのポケットから、レストランのレシートを発見。レシートには「2名」とありました。日付を見ると、夫が残業といって午前様だった日……。夫が出かける回数も徐々に増えています。浮気を責めると「原因はおまえにある」と責める始末。もう、どうすればよいのでしょうか。

 

ウソをついてまで浮気相手と食事をするのはなぜ?

レストラン家庭で過ごす時間のほかに、夫には社会の中で過ごす時間というものがあります。外で夫がどのような顔を持っているか、妻であるあなたもすべてを把握することはできません。家庭に仕事を持ち込まない男性は多く、夫も職場での悩みや相談事などをあえてあなたに言わないこともあるでしょう。相手女性は、夫が外で抱える不満やストレスを発散させてくれる存在なのではないでしょうか。

 

状況から見て、夫が特定の相手と繰り返し食事したり外出したりしていることは確実と言ってよいでしょう。一緒に長時間を過ごしていることから見て、夫はその女性に対し恋愛感情か少なくとも非常に親密感や信頼感を寄せていると断言できます。あなたにとってはつらいことですが、相手女性は夫にとってある意味大切な存在なのです。

 

浮気相手ともあなたとも別れない理由

浮気相手

おそらく夫は何らかの理由により、その女性と過ごす時間を強く必要としているのでしょう。夫の一連の言動からは、夫が何かしらの欠乏感や心の隙間を抱えていることが感じられます。必ずしも恋愛関係でなくても、その相手と話したり過ごしたりすることが夫にとっては大きな慰めになっているのだと考えられます。「原因はおまえにある」という夫の言葉は、妻ではその隙間を埋められないことを表しているのかもしれません。さりとてあなたに決定的な落ち度があるわけではないので離婚に踏み切る気持ちにもなれず、夫も心中モヤモヤしているはずです。

あなたからの追及に対し夫が口を閉ざすのは、女性と食事に行くと正直に告げればあなたが怒ることが目に見えているからです。あなたになんと言われようと、相手の女性と会うのをやめることは絶対にできない。相手が必要なのだといくら訴えてもあなたには理解してもらえないだろう。そうわかっているから、夫は何も言えないのかもしれません。

 

そもそも夫は浮気しているのか

バー民法770条では、「不貞な行為」を離婚事由の一つとしています。不貞な行為とは法律上、「配偶者のある者が自由な意思にもとづいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」と定義されます。一般的な感情では、よその女性と食事したり長時間一緒に過ごしたりしていれば「浮気」と感じますが、これだけでは法律上の不貞な行為にはあてはまらないのです。

 

現時点では、食事のレシートのほかには、夫の帰りが遅いという状況証拠しかありません。食事を一緒にしたりしているだけで、夫は相手女性と肉体関係までは持っていない可能性もあることは忘れないでください。浮気と決めつけて離婚を切り出すのはまだ早すぎるかもしれません。

 

この状態を終わらせたいなら!あなたが考えるべきこと・すべきこと

ポジティブ女性あなたにしてみてば、こんな中途半端な状態は耐えがたいものがあるでしょう。離婚へ気持ちが傾いてもしかたありません。ただ、よその女性のほうを向いている夫に対してあなたが強い不満感を持つのは、あなた自身がまだ夫に気持ちが残っていることの裏返しでもあります。

 

レストランのテーブルで夫の前に座る女性は、本来なら妻であるあなたであるはずです。今は、その役割を別の女性に奪われている状態です。あなたが今すべきなのは、夫を疑ったり責めたりすることではなく、家庭を居心地のよい癒やしの場所に保つよう努力することです。浮気の証拠を集めようとすればあなたはいっそう疑心暗鬼になり、夫を厳しく問い詰めるようになります。そうなると夫の心はいよいよ家庭から遠ざかってしまいます。

 

相手に本気の恋愛感情を持っているなら、夫のほうから離婚を切り出してくるはず。夫がそうしないのは、彼自身も様々な迷いの中にあるからです。あなたが夫をどこまで受け入れられるか、というのも一つのポイントです。

 

大丈夫、まだ間に合います。いちど夫と二人きりでゆっくり過ごす時間をとってみてはいかがでしょうか。

 

やり直す努力をする価値はある

ハートレストランで食事したレシートが見つかったり、夫の外出する回数が増えたりなどの状況から、夫は特定の女性と長時間一緒に過ごしていると考えられます。ただし、その事実だけで即、浮気と断定することはできません。民法に定める離婚事由の一つである「不貞な行為」とは、単なる食事や外出ではなく「配偶者のある者が自由な意思にもとづいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」であることにも注意してください。

 

浮気の証拠を集めることで状況がさらに悪化する恐れがあります。夫婦で一度ゆっくり話し合い、お互いの気持ちを確かめてみることをおすすめします。