懲りない人間につけるクスリは?

夫が浮気をしている、しかも相手はまた同じ女性という場合には、怒りも倍増します。懲りない夫と浮気相手に対し、どのような処置をすることができるのでしょうか。

どこまでいっても妻は妻、浮気相手は浮気相手

結婚指輪同じ相手と浮気を繰り返されると、妻としては「私よりも浮気相手のほうが大切なの?」とモヤモヤしてしまいますね。でも、夫の中でどちらが大切かなんて考えるだけ時間の無駄です。あなたは法律上でも倫理上でも立場を保証された妻であり、浮気相手はどこまでいっても単なる浮気相手にすぎないのです。

もしかしたら、あなたが離婚まで考えていることに夫はまったく気づいていないのかもしれません。一度目に許してもらえたから二度目も大丈夫などと高をくくっている可能性もあります。夫と真剣に話し合い、浮気をやめなければ離婚して慰謝料を請求するつもりだときっぱり言い渡してみてはいかがでしょうか。

浮気を繰り返した分だけ慰謝料請求したい!

慰謝料浮気は民法709条に定める不法行為にあたります。あなたは夫と浮気相手による不法行為によって受けた精神的苦痛に対し慰謝料を請求できます。慰謝料の金額は一律に決まっているわけではなくケースバイケースですが、浮気の悪質性が高くあなたの精神的苦痛の度合いが大きいほど高額になる傾向があると言えます。慰謝料が高額になる要素としては以下のようなものが挙げられます。

  • あなたの年収が少なめ
  • あなたの年齢が高め
  • あなたが再婚する可能性が低め
  • あなたの精神的苦痛の度合いが大きい
  • 夫の収入が高め
  • 夫の年齢が高め
  • 浮気相手が妊娠、出産した
  • 夫が夫婦関係修復の努力をしていない
  • 夫とあなたの結婚期間が長め
  • 夫とあなたの間に子供がいる
  • 浮気の期間が長め など

慰謝料請求には「既婚者だと知っていた」ことが必要

慰謝料を浮気相手に請求するには、夫が既婚者だと相手が知っていたことが条件となります。夫が独身を装って相手をだましていた可能性もなきにしもあらずなので、この点はしっかり確認しましょう。これから先の展開に備え、相手の住所・氏名・勤務先・配偶者の有無なども確認してください。

約束違反すれば慰謝料は高くなる

一度目の浮気がバレたとき、浮気相手が「ごめんなさい。もうしません」と反省・謝罪したにもかかわらず二度目の浮気を犯した場合、その言葉を信じたあなたはさらなる精神的打撃を受けたことになります。浮気相手の行為はより悪質性が高いとみなされ、慰謝料の金額は増額される可能性が高くなります。

一度目の浮気の際に相手から慰謝料をとっていないのであれば、慰謝料請求する際に一度目の分も考慮した金額を設定すればよいでしょう。

一度目の浮気に対しすでに慰謝料を受け取っている場合でも、二度目の浮気があればまた別途、慰謝料請求することができます。二度目の浮気に対し再び精神的苦痛を受けたと言えるからです。ただし、取り決めた金額を相手が支払ったあとに、「やっぱりもっと払ってほしい」とは言えないので注意してください。

証拠はぜひそろえておきたい

レシート相手が浮気を否定し、慰謝料の支払いを拒否する可能性もあります。そうした場合に備え、浮気の事実を証明できる証拠をあらかじめそろえておくと安心です。ラブホテルへの出入り写真など決定的な証拠を自分で用意するのは難しいかもしれませんが、メールや電話、LINEのやりとりやホテルの領収書、プレゼント購入に使ったと思われるクレジットカードの利用明細書なども、積み上げていけば証拠としての力を持ちます。

浮気の慰謝料請求の時効は3年

浮気に対する慰謝料請求には時効があります。浮気の事実を知った時から3年以内に請求しないと、時効により請求権が消滅してしまい支払いを受けられなく恐れがあるので注意してください。

離婚後、浮気相手と再婚させたくてもそれは無理

結婚どうせなら離婚後に浮気相手と再婚し、けじめをつけてほしいという気持ちを抱くこともあるかもしれません。こうしたことをあなたと夫、浮気相手との間で話し合うこと自体には問題ありません。

しかし日本の法律では、結婚は100%本人たちの自由意思に基づくものでなければなりません。他人であるあなたが「必ず浮気相手と結婚すること」などと強制したり、逆に「離婚した後も浮気相手と再婚してはならない」などと規制したりすることはできないのです。結婚の強制や規制をする契約は公序良俗違反により無効となりますので、万一そのような取り決めをして書面などを残したとしても、なんの効力も持たないので注意してください(民法第90条)。

妻という立場をあっさり捨てるのはもったいない

二度にわたる浮気は大きなショックですが「もういい!夫は浮気相手にあげちゃおう」などと自暴自棄になってはいけません。大切なのはあなたがどうしたいかです。夫にはしっかりお灸をすえ、浮気相手には慰謝料を請求しましょう。浮気相手にも夫にも、「浮気すると大きなペナルティがあるんだ」ということをしっかり認識させる必要があります。法律上で圧倒的に有利な妻という立場をあっさり投げ捨ててしまうのは、実にもったいないことなのです。

いちど徹底的にこらしめることが重要

こらしめ同じ相手との度重なる浮気は悪質性が高いとみなされ、慰謝料金額が増額される可能性があります。同じ相手に対し、浮気のたびに慰謝料を請求することはできますが、新たな浮気の事実がないのに繰り返し請求するということはできません。

結婚は本人たちの自由意思に基づいて行われるべきものなので、離婚後に浮気相手との再婚を指示したり禁止したりする取り決めは公序良俗違反となり無効となります。