最低!自己中な上に不倫する夫にウンザリ

自己中心的な性格で家事や育児にも非協力的、いつも上から目線の夫が浮気を繰り返します。家族で仲良くしたいと望み努力を続けても、夫の思いやりのない発言や行動がすべてをぶち壊しにします。もう、夫の浮気は必要悪と割り切って放置したほうがよいのでしょうか。それとも離婚を考えたほうがよいでしょうか。

自己中夫は幼児と同じと考えて

自己中夫は、幼児の頃の自分中心の世界観から抜け出せないまま大人になってしまったのです。見た目は立派な大人でも、思考回路は幼児そのものです。常に自分の欲求のことしか頭になく、他人に共感したり思いやったりするという能力自体が欠如していると考えてください。

夫の中ではいつでも自分が正しく、自分の要求はすべて満たされるべきと考えます。当然、浮気に関しても罪悪感が一切ありません。自己中の夫は、自分がよその女性に目移りするのは妻に魅力がないためであり、浮気の責任は妻にある。魅力のない妻を持ってしまった自分はむしろ被害者なのだから、浮気は当たり前のことという思考をします。

浮気は絶対悪であるという世間一般の価値観を夫にあてはめようとしても無駄ですので注意しましょう。浮気される側であるあなたの苦しみについて、夫は一切関心を持ってもらうことは難しいでしょう。あなたがどれほど辛さを訴えても、他人への共感能力が欠けている夫はなんとも思わないでしょう。家事や育児についても、自分は外で働いているのだから家の中のことはすべて妻がやるべきであって、自分が協力する筋合いはないと考えます。

夫の中では自己中心的な思考回路がすでに固定化してしまっており、大人になってから性格を矯正するのは極めて困難なのが現実です。

割り切るor離婚、ベストな解決策はどちら?

夫がなぜか上から目線なのは、自分だけが貴く尊重されるべき存在と考えており、妻であるあなたや子供たちを含め周りの人間には何ら価値を認めていないからです。唯我独尊な価値観に凝り固まった夫に自分の所行を反省させることは不可能と考えたほうがよいでしょう。

夫のふるまいが今後も改まらない以上、あなたが取り得る選択肢は我慢するか離婚するか、二つに一つしかありません。我慢するというのは、夫の浮気を妻であるあなたが認め、受け入れたということを意味します。夫の浮気を妻が公認した以上、あなたたち夫婦は今後の人生を仮面夫婦として過ごしていくことになります。そして子供たちも仮面夫婦の両親の元で育っていくことになるわけです。一方、離婚となるとどうしてもお金のことが真っ先に頭に浮かびます。経済的な安定性を最重要と位置づけるなら、仮面夫婦であっても両親が揃っている家庭のほうが望ましいということになります。

浮気は夫婦間のみの問題ですが、夫の思いやりのない振る舞いや発言は子供たちにも直接影響を及ぼします。夫のモラルハラスメントともいうべき言動が絶えない家庭で子供たちを育てることがベストな道か、あなたは真剣に考えてみなければなりません。あなたがどれほど努力して表面を取り繕っても、父親の愛情のなさを子供たちは敏感に感じ取ってしまうでしょう。幸せのない結婚にきっぱり終止符を打ち、養育費などの形で親としてのせめてもの責任を夫に果たさせるのがあなたの役目ともいえるのではないでしょうか。

二つのドアのうち、“当たり”のほうのドアを引き当てることができたらベストな解決策が待っているわけではありません。あらかじめ正しい答えが決まっているというイメージは今すぐ捨ててください。あなたが生涯をかけ、全力を挙げてベストな解決策を作り上げていくしかないのです。

自己中な性格は直らない

自己中心的な性格の夫は自分の欲求はすべて満たされるべきと考えるため、浮気に対する罪悪感がありません。今後、夫が浮気を反省し態度を改める可能性は低いでしょう。夫の浮気やモラハラが常態化した家庭で子供たちを育てることがベストな選択肢か、真剣に考えてみる必要があります。