別居中なら何をしてもいいの?

別居中の夫が浮気をしていることがわかりました。どうやら夫の浮気は別居前から始まっていたようです。夫は「別居してからの交際だから不貞行為にならない。慰謝料請求はできない」と言っていますが、本当でしょうか。また、別居前から浮気をしていた場合には慰謝料請求は可能なのでしょうか。

別居中の浮気に慰謝料請求できる場合、できない場合

孤独誤解されがちですが、別居開始=夫婦関係の破綻ではありません。別居を始めたとしても、別々に暮らす中でお互い考え直し、元のサヤに収まるケースもありますよね。逆に、同居していたとしても夫婦仲が完全に冷え切っているケースもあります。夫婦関係が破綻しているか否かについては、「こうなったら破綻と認定」という明確な基準があるわけではありません。別居の有無をはじめお互いの意思、年齢、子供の有無、健康状態など様々な要素を考慮して総合的に判断されます。

たとえば、別居がもう10年にも及ぶケース、お互い離婚の意志を固めており、離婚の条件についてすでに交渉段階に入っているケース、離婚調停を申し立てているケースなどは、すでに破綻していると認められる可能性が高いでしょう。

夫婦関係の破綻後の浮気には慰謝料請求できない

愛が消える法律の上で浮気は不法行為となります。あなたは夫と浮気相手による共同不法行為によって受けた精神的苦痛に対し損害賠償、つまり慰藉料を請求できます。ただ、慰謝料請求には以下の2つの要件を満たしている必要があります。

  • 不法行為によってあなたの権利が侵害されたこと
  • 浮気相手に故意・過失があること

要件の内容を一つずつ見ていきましょう。

「幸せな結婚を送る権利」があるか

結婚したことにより、あなたは平穏な結婚生活を送る権利を保障されています。よその女性が夫と性的関係を持つことであなたの平穏な結婚生活を破壊した場合、相手はあなたの権利を侵害していることになります。平穏な結婚生活を送る権利を侵害されたあなたは相手に対し損害賠償請求することができます。

別居中であっても、再構築のためにお互い合意の上で始めた別居の場合は、このさき修復の望みはまだあるわけです。よって、冷却期間としての別居中に行われた浮気に対しては権利の侵害を主張できることになり、相手への慰謝料請求が可能です。

しかし、夫とあなたの結婚生活がすでに修復不可能なまでに壊れてしまっている場合(=夫婦関係の破綻)、法によって守られるべき「幸せな結婚生活」自体が存在しません。よって、夫婦関係の破綻後に始まった浮気に対しては損害賠償請求ができないのです。

相手女性はどこまで知っていたか

夫が別居中なのか独身なのか外形的には区別がつきません。損害賠償請求を受けた相手女性は「独身だと思っていた」「もう夫婦関係は破綻していると思っていた」と反論してくることが当然予想されます。この場合は、独身だと思い込んでいたことや結婚生活が破綻していると思い込んでいたことについて相手に過失があった、つまり当然の注意を払っていれば気づいていたはずと主張していくことになります。

別居前からの浮気なら慰謝料請求は可能?

浮気別居が始まる前から浮気が始まっていたということは、見方を変えれば「浮気によって夫婦関係にヒビが入り、別居に至った」ということになります。まず、夫が関係を持っている女性を特定し、夫との関係性を調べましょう。「別居前の段階で夫が浮気をし、夫婦関係がギクシャクしはじめた。さらに夫は相手女性と浮気しやすい環境をつくるために別居を始めた」というストーリーを立証できれば慰謝料請求できる可能性はあります。別居前から浮気が始まっていたことの証明は非常に困難ですが、ここは必ずクリアしなければならないポイントです。

別居中だからといって浮気し放題なんてことはない!

後ろめたい夫婦関係の破綻が認められるかどうかにより、別居中の浮気に慰謝料請求ができる場合とできない場合が生じてきます。別居を開始したことによりただちに夫婦関係の破綻と認定されるわけではなく、夫婦双方の意思や別居期間、現在の状態など様々な要素に基づき総合的に判断されます。

別居前からの浮気であれば慰謝料請求できる可能性があります。その場合は、夫の浮気が原因で夫婦仲に亀裂が走り、別居に至ったというストーリーを証拠によって裏付けていくのが有効です。