許せない!離婚を言い渡してきた夫の浮気

家庭内別居中に夫から離婚を宣告され、その後夫の浮気が発覚。夫は価値観の相違が離婚の原因だと言い張っていますが、本当の理由はほかに女性ができたからとしか考えられません。浮気したくせに離婚を突き付けてくるような身勝手な夫に、どう対抗していったらよいのでしょうか。

「価値観の相違」は隠れミノ?

不一致「価値観の相違から離婚」という話はよく耳にしますね。民法770条では離婚事由の一つとして「その他婚姻を継続し難い重大な事由」(5号)を挙げています。価値観の相違は、DVや性交渉の拒否などと共に「重大な事由」の一つとなりえます。

夫婦双方の合意さえあれば、価値観や性格の不一致だけを理由に離婚することは可能です。しかし、どちらかが離婚を拒否する場合は、単に「価値観が合わない」というだけでは離婚を認められません。価値観や性格は人それぞれなので、多少の食い違いや対立はあってあたりまえだからです。離婚を成立させるには、性格や価値観の相違によって婚姻関係が破綻してしまったことを証明しなければなりません

慰謝料逃れの可能性あり

モラルハラスメントなど精神的苦痛をともなうものは別として、価値観の相違を理由に離婚する場合には慰謝料を請求することはできません。価値観の相違をどちらかのみの責任にすることはできないからです。

一方、浮気(不貞行為)は民法770条に定める離婚事由であるとともに不法行為であり、浮気によって受けた精神的苦痛に対して慰謝料を請求することができます。急に夫が「価値観の相違」を理由に離婚を求めてきたのなら、慰謝料の支払いなど離婚の条件で自分が不利になるのを防ぐための計略である可能性があります。

夫婦仲が冷めた=家庭内別居ではない

境界次に、家庭内別居中の離婚宣告や浮気の発覚について見ていきましょう。まず、家庭内別居というのは法律上の用語ではなく、明確な定義はありません。家庭内別居については「婚姻関係の破綻」に該当するかどうかが非常に重要になります。

一つ屋根の下に暮らしていても、夫婦が直接話をすることはなく、居住スペースや生計が完全に分断されている場合や別居についての合意書を交わしている場合などは事実上の別居とみなされ、婚姻関係の破綻が認定される可能性はあります。

しかし、会話はほとんどなく互いに気持ちが冷え切っているけれど、あなたが夫のために最低限の家事をし、多少の接点はあるような状態だとどうでしょうか。当事者であるあなた自身は家庭内別居状態だと感じているかもしれませんが、そういう不仲な夫婦など世の中にいくらでもいますよね。仲が悪いだけでは「婚姻関係の破綻」とまではなかなか認められないのが現状だということを知っておきましょう。

破綻していると慰謝料請求できない!

不可能それでは、夫の浮気相手に対し慰謝料を請求したり、夫の浮気を理由に離婚を申し立てたりすることはできるのでしょうか。そもそも慰謝料は、幸福な結婚生活を送る権利を侵害された場合に請求できるものです。家庭内別居中であっても、破綻とまでは言えない状態であれば慰謝料請求を認められる可能性があります。残念ながらすでに結婚生活が破綻してしまっている場合は、浮気によって権利を侵害されたとはいえません。浮気相手への慰謝料は認められないおそれが強いでしょう。

ただし、婚姻関係が破綻する前から浮気があったと証明できれば、慰謝料を請求できる見込みはあります。

浮気を理由に離婚請求できない可能性も

夫婦関係がすでに破綻していると認められる場合、破綻後に夫が浮気してもそれを理由に離婚を請求することはできません。浮気自体は民法770条に定める離婚事由のひとつなのですが(1号:不貞行為)、夫婦関係の破綻と夫の浮気に因果関係が認められないため、1号の不貞行為を理由にできないのです。

夫の浮気を理由に離婚、慰謝料請求するのであれば、家庭内別居に陥るのを避けるのが得策です。また、原則として浮気した側(有責側)から離婚の訴えを提起することは認められません。身勝手な夫からの一方的な離婚宣告にひるまず、堂々と戦ってくださいね。

家庭内別居中に女の影を感じたら

離婚、慰謝料請求をするうえで事を有利に運ぶには、夫が浮気していたという証拠が非常に重要になります。家庭内別居中、夫に女の影を感じたら、気づかれないように浮気の証拠を探してみてください。ラブホテルへの出入り写真などをおさえるのは難しくても、ホテルの領収書やメールのやりとり、プレゼント購入に使ったクレジットカードの利用明細書などは自力でも集められるはず。状況証拠でも積み重ねていけば証拠としての力を発揮します。あなたの主張を認めてもらえる可能性が高まるでしょう。

離婚宣告にめげず、賢く立ち回ろう

ポジティブ価値観の相違を理由に離婚を切り出された場合、裏に相手の浮気が隠れている場合があります。夫の浮気を疑ったら、離婚や慰謝料請求などで有利な立場に立てるよう浮気の証拠を集めはじめましょう。

家庭内別居に法的な定義はなく、当事者が家庭内別居だと認識していても婚姻関係の破綻とは認められない傾向があります。すでに婚姻関係が破綻している場合には、夫の浮気を理由とする離婚請求や浮気相手への慰謝料請求は難しいでしょう。原則として、浮気した夫側から離婚の訴えの提起はできません。