真面目がとりえの人だと思っていたのに!

決してラブラブな夫婦ではないけれど、子供にも恵まれそれなりに仲良くやっているはず―と思っていた矢先に夫の浮気疑惑が発生。夫のスマホを見たところ、女性と仲むつまじそうなメールをやりとりいました。

夫が真面目なタイプで浮気などしそうにないと思っていた場合はとりわけショックが大きいですね。夫に浮気をやめて戻ってきてもらうにはどうすればよいのでしょうか。

本当に真面目な人は浮気しない

不倫というと、セックスレスや仮面夫婦の場合や夫本人がもともと浮気性だったり女好きの遊び人タイプだったりする夫婦間で発生するものだと思いがちです。しかし現実には、夫がまったく遊び人タイプとは見えず、夫婦の性交渉もちゃんとあり子供もいて、夫婦仲も良好で何の問題もないように見える家庭でも不倫は起こりえます。一体なぜなのでしょうか。

既婚未婚を問わず、すべての男性は女性への興味を持ち続けているものです。不倫するかしないかは、妻への愛情もさることながら、理性が欲望をコントロールできるかどうか、言い換えれば性格的な強さがカギとなります。理性的で自制心が強く、本当の意味で真面目な男性はどんな環境下でも浮気に走ることはありません。よその女性とのやり取りなど誤解を招く行動も慎むものですし、たとえセックスレスであっても浮気心を抑えられるでしょう。

良き夫、良きパパに思える夫も当然、心の中では他の女性にモテたい、セックスしたいという欲求を常に抱えているのです。夫は一見マジメでも本当のところは弱い性格の持ち主で、何かのきっかけでフラフラと浮気によろめくことは十分考えられます。

夫は本当の意味でマジメな人ではない

夫が女性と親密メールをやり取りしていたということは、夫の理性が浮気心に屈したということの現れです。そもそもあなたが夫を真面目だと評価する理由は何でしょうか? 熱心に仕事に取り組む姿やどちらかといえば地味な外見、結婚するまでの女性経験の少なさや私生活での女っ気のなさなどは真面目さの印だと思いがちですが、夫の内面的な理性やモラルは表面にはあらわれないものです。本当に真面目な人=意志の強い人であれば浮気を疑われるような真似はしません。「夫は真面目なわけではなく、単に女性との接触が少なかっただけ」というのが真実です。「堅実で地味だが一人前の浮気願望はあり、誘惑に流されやすい性格」と評価を見直したほうがよいでしょう。

放置すべき?別れさせるべき?

夫にはこれまで浮気の機会がなく、常習化してはいないと思われます。今の夫は自分に興味を持ってくれた女性との恋愛ごっこにのめり込みそうになっている状態と見てよいでしょう。いずれ熱は冷めるだろうと放置しておくと、なまじ女性経験が少ないために遊びにとどめておくことができず、深入りする恐れがあります。早めの処置が必須と心得てください。

初めての浮気に舞い上がっている夫に浮気をやめさせるには、現実を突きつける作戦が有効です。もし浮気したら相手女性に慰謝料請求をし、夫とは離婚するつもりであること、親権は母親である自分が持つつもりであること、義両親にも離婚原因を報告すること、自宅から出て行ってほしいこと、子供の養育費として月にいくら払ってほしいかなど、「浮気したらこんな地獄が待っているよ」ということをできるだけ具体的に話し、浮気のリスクを夫にしっかり認識させましょう。よその女性との恋愛ごっこに浮かれていた夫も一気に現実に引き戻されるはずです。一時のお楽しみによって今まで頑張って築いてきたものがすべて崩壊することを理解できれば、もともと浮気性ではない夫は意外とあっさり浮気をあきらめるでしょう。

本当の真面目さとは意志の強さ

どんな男性でも心の奥底には浮気心が潜んでいるものです。浮気に走るか否かは理性の強さで決まります。一見真面目に見える夫は意外と意志薄弱なところがあることを認識してください。浮気をやめさせるには、浮気がどんな深刻な結果をもたらすかできるだけ具体的に話し、リスクをしっかり認識させることが有効です。