理由が気になる! セックスレス

あなたのほうから求めても、毎回のように「疲れているから」と断る夫。拒まれると寂しいし自信を失くしてしまいますよね。何度も話し合っても改善せず落ち込んでいるときに、なんと夫の浮気が発覚! あなたとはしないのに、なぜ他の女とはできるのでしょうか。こんな夫とはもう離婚すべき?

本当に疲れているから? 私とはしたくないから?

寝ている夫男性の機能はデリケートなものですから、過度に忙しい場合やストレスがかかっている場合にはセックスができないことも十分考えられます。しかし他の女と浮気しているのなら、疲れているからできないという言い訳は通用しません。

 

夫婦ではしないのに、浮気相手とはするのはなぜ?

夫夫は単に刺激を求めているだけかもしれないし、妻とだけはダメという精神的な理由があるのかもしれません。どちらにせよ、問題の根はあなたではなく、夫の内部にあるのです。ですから「女として見られていない私には魅力がないのだろうか」などと悩まないでくださいね。

 

セックスレスの定義とは?

独り寝セックスの頻度は夫婦によって当然異なります。月に何回がベスト、などと一律に決めることもできません。他人から見れば十分な回数があるのに、本人たちはセックスレスだと思いこんでいることもあります。

 

そこで1994年、日本性科学会がセックスレスを「特殊な事情が認められないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシャル・コンタクトが1ヶ月以上なく、その後も長期に渡ることが予想される場合」と定義しました。つまり、平均して1か月セックスや性的接触がない場合はセックスレス状態にあると言ってよいでしょう。

 

セックスレスは離婚の原因になる

離婚イメージ子供をつくるためや性的欲求を満たすためだけでなく、肌を重ねることで得られる信頼感や安らぎはかけがえのないものです。法律の上でも、結婚生活を営むうえでセックスは大事な要素と認められています。

 

民法第770条1項では、離婚の訴えを提起できる理由として以下の事由を挙げています。

 

民法770条1項に定める離婚事由

  • 1号:配偶者に不貞な行為(浮気)があったとき
  • 2号:配偶者から悪意で遺棄されたとき
  • 3号:配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
  • 4号:配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
  • 5号:その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

セックスレスは5号の「その他婚姻を継続し難い重大な事由」に該当します。すなわちセックスレスは離婚の原因になり得るのです。ただし、相手からの誘いを1回や2回断ったぐらいでは、セックスレス離婚は認められません。

 

もちろん性欲の度合いは人それぞれです。客観的にセックスレスの状態にあったとしても、本人たちがそれで満足しているのであれば問題にはなりません。あくまで、一方が求めているのにもう一方が理由なく拒否し、拒否された側がそのことを問題視している場合にのみセックスレス離婚の可能性が出てきます。

 

浮気×セックスレスで慰謝料請求できる

慰謝料イメージ上記に示したように、浮気(不貞行為)も民法770条で定める離婚事由のひとつです。法律の上で浮気は不法行為となるので、あなたは民法709条に基づき夫あるいは浮気相手、もしくは双方に慰謝料を請求できます。また、EDなど特段の事情がなく、できるのにしない場合にはセックスレスに対しても慰謝料請求することが可能です。

 

慰謝料請求には夫のセックスレスや浮気を証明できる証拠が必要になります。セックスレスについてはレスの日々の記録、浮気については相手とのメールやLINE、手紙、ホテルやレストランの領収書など、証拠となりそうなものを確保しておいてください。

 

もう結婚生活を続けられない! と思ったら

空のベッドあなたがセックスレスに苦しんでいることを夫はよくわかっているはずです。最近は、セックスレスの夫婦向けのカウンセリングをおこなっている相談機関なども増えてきました。EDなら相談や治療を受けることもできます。夫があなたに対し誠実な気持ちを持っていれば、カウンセリングを受けるなり治療を受けるなり、セックスレスを改善するための努力をするのではないでしょうか。

 

問題はセックスレスそのものよりも、触れ合いたいというあなたの心の叫びを夫がまったくかえりみないことです。女性としての喜びや幸せを求めるあなたの気持ちは尊重されるべきものです。求めるものが得られない結婚生活をこのまま続けていくのが果たして幸せかどうか、自分の心に問いかけてみてください。

 

セックスレスなのに浮気する夫には同情の余地なし

自由セックスや性的接触が平均して月1回以下である場合、セックスレス状態にあるといえます。夫婦ではセックスレスなのに他の女性とは浮気している場合、問題はあなた自身ではなく夫の中にあると考えてください。

 

民法770条の規定により、浮気のほかセックスレスも離婚事由になりえます(1号、5号)。浮気とセックスレスの両方に対し、慰謝料を請求することが可能です。