風俗帰りの手で触れられたくない

夫の風俗通いが発覚。そのことがどうしても頭を離れず、夫に嫌悪感を抱いてしまいます。不潔な夫ともう性交渉を持ちたくない、触られることすらイヤと思ってしまいますよね。風俗通いも浮気になり、離婚原因になるのでしょうか。

風俗通いも立派な浮気

風俗街夫の女性関係に対する耐性は人それぞれです。家にお金さえ入れてくれるなら女遊びには目をつぶれるという人もいれば、ただ一度の浮気も我慢できないという人もいます。世の中には、夫の遊びを容認するのが出来の良い妻という意見もあるようですが、世間の価値観に自分の感覚を合わせる必要はありません。不特定多数の男性と性的接触を持つ風俗嬢と関係を持った夫に対し、あなたが嫌悪感を抱くのはきわめてまっとうな感覚です。「ほかの女に触れた手で子供に触らないで!」とも思ってしまいますよね。

民法770条で法定離婚事由の一つとして「不貞な行為」が挙げられていること、浮気に対し慰謝料請求が認められていることなどから、夫婦には貞操義務があるといえます。風俗通いをする夫は「風俗は気持ちが入っていないから浮気にならない」「自慰行為と同じ」などと主張するかもしれませんが、法律の上では“気持ち”があるかないかなどは考慮されません。相手がプロであろうと素人であろうと、夫が自由な意思に基づき配偶者以外の女性と肉体関係を持てば「不貞な行為」に該当します。

ヘルスやピンクサロンの場合は?

風俗不貞な行為とは法律上、「配偶者のある者が自由な意思に基づいて配偶者以外の者と性的関係を持つこと」と定義されます。性的関係とは、一言で言えば肉体関係を指します。アダルトチャットやキスなどは、一般的な感覚では十分浮気と感じられますが、直接的な性的接触ではないため法律の上では浮気(不貞な行為)とはみなされないので注意が必要です。

「性的関係」には本番行為はもとより、いわゆる“性的類似行為”も含まれます。ソープランドなどだけでなく、本番行為をおこなわないヘルスやピンクサロンでのサービスも「不貞な行為」にあてはまります。

 ¥風俗通いを理由に離婚できる?

風俗夫の風俗通い発覚を機に夫婦生活に差し障りが生じるようなら、事態は深刻です。夫への嫌悪感は理屈ではなく本能的なものなので、容易に改善するものではないでしょう。上記の通り「不貞な行為」は法定離婚事由の一つなので、協議離婚や調停離婚が成立しなかった場合、あなたは夫の風俗通いを理由に家庭裁判所へ離婚の訴えを提起することができます。また、夫に対し慰謝料請求することも可能です。

夫の風俗通いを証明するものとして、以下のような証拠をそろえておいてください。

  • 風俗店のメンバーズカード
  • 風俗嬢とのメールやLINEのやりとり
  • 風俗店で支払いのレシート、支払い明細 など

ただし、風俗通いが一度きりである場合や夫が真摯に反省していることが認められる場合は、修復可能と判断され離婚が認められない可能性があります。

妻がいるのになぜ? 風俗へ行く理由

独身の頃から遊んでいる男性だけでなく、自他共に認める真面目人間でどちらかといえば堅物な男性でもふとしたきっかけで風俗にはまってしまうことがあります。風俗店の女性は商売ですから、客である夫に対しどこまでも愛想良く優しく接します。それが無性に嬉しかったり、後腐れなく自分をさらけ出せるというのもハマる理由の一つであるようです。

風俗嬢への慰謝料請求は難しい

嬢イメージ夫への慰謝料請求は可能ですが、風俗嬢への請求は難しいでしょう。風俗嬢はあくまで金銭と引き替えにサービスを提供しているだけだからです。ただし、夫と風俗嬢が店の外で接点を持ち、性的関係に及んでいれば慰謝料請求ができる可能性があります。慰謝料請求にあたっては、相手がどこの誰か特定できており、なおかつ夫が既婚者だと風俗嬢が知っていたこと(もしくは過失により既婚者だと気づかなかったこと)が大前提となります。

夫の風俗通いを我慢しないで

我慢しない一般女性との浮気だけでなく、風俗通いも「不貞な行為」に該当し、民法770条に定める法定離婚事由の一つとなります。本番行為はもちろん、ピンクサロンやヘルスで提供される性的類似行為も同様に、「不貞な行為」と認定されます。

夫の風俗通いを理由に離婚や慰謝料請求をすることはできますが、風俗嬢に慰謝料を求めることは基本的に困難です。