遊び?本気?水商売の女性との関係

夫がスナックの女性と浮気をしている模様。同伴をしているほか、LINEのやり取りをしたり、二人で出かけたりしているようです。もしかして肉体関係も持っているのではないかと思うと不安でたまりませんね。スナックの女性との浮気が疑われる場合、どう対処したらよいのでしょうか。

基本的には単なる営業活動

スナックの女性にしてみれば、客にはなるべく頻繁に店に来てもらって、お金を使ってもらいたいもの。スナックはキャバクラとくらべ小規模で、なじみの客が多いのが特徴です。常連客に足を運んでもらえるかに店の経営がかかっているので、営業活動は必須です。そのためキャバ嬢と同じようにスナックの女性も、気があると思わせて客を店に呼ぶ、いわゆる色恋営業をすることがあります。「好き」「会いたい」などというイチャイチャしたやり取りをしていても、しょせんは営業。やり取りだけなら基本的に心配する必要はありません

スナックで働く女性は毎日たくさんの男性に接しており、男の扱いには長けていると考えられます。また、水商売という特殊な環境で働く女性には一般女性にはない非日常感があり、それだけで夫にとって魅力的に映るのでしょう。売れっ子キャバ嬢ほど手の届かない存在ではなく、口説けば落とせそうな雰囲気もあります。夫のほうには、あわよくば関係を持ちたいという下心があることは否定できないでしょう。

放置していると本気になる恐れも

スナックはキャバクラと異なり、指名制ではありません。また、キャバクラの場合は同伴やアフターがありますが、基本的にスナックにはそうしたシステムはありません。金銭的メリットがないにもかかわらず相手女性が夫と店の外で会っているとしたら、損得抜きの関係に発展している可能性が出てきます

訳ありだったり苦労人だったりと、本来はマイナスとなる要素を持つ女性はかえって男性を惹きつけることがあります。これは世のあらゆる男性が「苦労している女性、しいたげられている女性を助けてあげたい」というヒーロー願望を持っているためです。女性がしたたかで計算高いタイプである場合、夫のこの願望を巧みに刺激して好きなように利用する恐れがあります。たとえば、「暴力夫と別れて、女手一つで子どもを育てていかなければならない。頼れる人は誰もいない」などと言って金銭的な援助を求めてくることも考えられます。関係がエスカレートすると、夫のほうが本気になってしまい「彼女を幸せにしてあげたい」と離婚を切り出してくる可能性もゼロではありません。

クレームは店に言うのが効果的

LINEのやり取りだけならそれほど心配する必要はありませんが、夫が相手女性と二人きりで会ったりしているようであれば、一刻も早く対策を講じるべきです。接客する女性が客と店外で会うようになれば店の売り上げが減少しますから、店側は客との個人的な交際は禁止しているのが一般的です。相手女性の振るまいが度を超しているときは、店側にクレームをいれるのが有効です。相手女性に直接抗議しても、夫に泣きつかれるだけで効き目はないでしょう。女性に立場をわきまえてもらうためにも、店側に対応を依頼することをお勧めします。

夫が求めるものは何か考えてみよう

スナックの女性は客の話を聞くのが仕事です。仕事のグチでも他愛のない自慢話でも、笑顔で聞いてくれる相手がいるからこそ夫はついスナックに足を運んでしまうのではないでしょうか。そんな癒しの時間こそ夫が本当に求めているものなのかもしれません。夫婦が水入らずに過ごす時間をつくり。妻であるあなた自身が夫と向かい合うようにすれば、よそに慰めを求める必要はなくなるのではないでしょうか。

やり取り以上の関係は店側にクレームを

スナックの女性からのLINEは基本的に営業のためと考えてよいでしょう。ただし、店の外で会う関係になっているのであれば、早急な対応が必要です。クレームは女性に直接言うのではなく、店を通すことをおすすめします。