帰ってこないのはやっぱり気になる!

会社に泊まると言って夫が家に帰ってこない日が増えました。会社の飲み会がある、終電を逃した、仕事が忙しいなど、理由を伝えてくれたとしてもいまひとつ信用できないこともありますよね。浮気なのかと問い詰めたくても、もし本当に仕事だったらと思うと、ストレートに聞くわけにもいきませんよね。会社に泊まるというのが浮気の言い訳なのか、本当に仕事なのか、調べる方法はあるのでしょうか。

泊まり込みでの仕事はありうる

業種や職種によっては、繁忙期には職場に泊まり込まなければならないほど忙しくなることは十分ありえます。終電で帰れなくなった場合にはタクシーで帰るしかありませんが、職場によってはタクシー手当を支給しないこともあります。タクシー代が高額になる場合は、いっそ職場に泊まろうと考えることもあるでしょう。

また、本当に忙しい職場ではいったん家に帰る時間すらなく、社内で仮眠を取ったらまたすぐ仕事に戻らなければならないこともあります。もし本当に仕事が激務で家に帰れない場合、家族のために骨身を削ってくれているのに浮気を疑われてはあまりにもかわいそうです。夫もがんばる意欲を無くしてしまうでしょう。いきなり浮気と決めてかからず、落ち着いて対処してくださいね。

帰ってこない日を記録しておこう

まず、夫が仕事関連の理由を挙げて外泊した日を記録につけておきましょう。給与明細に残業時間が記載された際、手元の記録と照らし合わせてみれば本当に泊まり込みで残業していたのかどうか判断できます。夫がクロだった場合には、いつ頃から浮気が始まったのかを示す状況証拠のひとつにもなるので、記録は非常に重要です。

記録の際は、「飲み会のため」「業務多忙のため」など夫が挙げた理由も一緒に記録しておきましょう。夫がクロだとして、外泊の理由として自分がついたウソはいちいち覚えていないでしょう。あとから夫の言葉の矛盾を突くことができる可能性があります。

また、職場に泊まり込みで仕事するほど忙しい場合は睡眠や食事もままならないはず。泊まり込みが何度も続くようなら、自宅では口をきく気力もないほど疲れ切った様子になるでしょう。体重が減ったり顔色悪くやつれたりなど、身体的な変化もあります。残業続きのはずの夫が普段と変わらず元気いっぱいな様子なら、仕事での泊まり込みというのはウソである可能性があります

本当に会社に泊まっているか確認する方法

浮気を疑っていることを夫本人に気づかれることなく、本当に会社に泊まっているのかどうか確かめる方法はいくつかあります。以下の順番通りに試してみてください。

1. 夫のスマホに電話をかけてみる

浮気相手と一緒にいるとき、妻からの電話は何よりも煩わしいものです。相手の手前、電話に出るわけにはいかないでしょう。何度電話しても応答がなく、夫からの折り返し電話もない場合は浮気の可能性があります。

2. 職場に電話をかけてみる

夫のスマホにいくら電話しても無反応だった場合は、職場の直通番号に何度か電話してみましょう。別の場所で浮気相手と過ごしている場合、当然ながら職場の電話には出られません。運が良ければ夫の同僚などが電話に出てくれるので、「夫に急ぎの用事があるのですが、スマホをどこかに置き忘れたようで応答しません。今日は、夫はもう仕事をあがらせていただいたでしょうか」と聞いてみてください。同僚が翌日夫に、「昨日の夜、奥さんから電話があったよ」と伝えるかもしれませんが、急ぎの用事があったのでダメもとで電話してみたと言えば不自然ではありません。

3. 夫の持ち物をチェックしてみる

職場電話にもスマホにも応答しない場合は、夫が家を空けた翌日に夫のカバンの中を調べてみましょう。仕事で職場に泊まったはずなのに、レストランのレシートやコンドームなどが出てきたら浮気の可能性は限りなくクロに近いグレーとなります

4. 差し入れを渡しに行く

お弁当やおやつを用意し、サプライズで夜間に夫の職場を訪ねてみましょう。泊まり込みで仕事する夫を気遣うのは妻として当然のこと。夫が職場にちゃんといれば、驚きつつも喜んでくれるはずです。

職場の人に確認するのはやめておこう

夫を飛び越えて、職場の上司や同僚などに「会社に泊まり込んでの仕事があるというのは本当ですか?」と聞くのはやめておきましょう。あなたが夫の浮気を疑っていることが伝わってしまい、職場における夫のメンツは丸つぶれになります。もし泊まり込みというのがウソだった場合、同僚等の口から「○○さんって浮気しているみたい。奥さんがこの前、うちの夫が会社に泊まっているって本当ですか?って問い合わせをしてきたよ」と噂を流されるおそれもあります。夫の社内的な評価が下がるとあなたにもマイナスの影響がありますから、くれぐれも慎重に振る舞ってくださいね。

浮気と決めてかからずさりげなく事実調査を

残業や飲み会などを理由に夫が帰宅しない場合、本当に仕事が忙しい可能性もゼロではありません。いきなり浮気と決めてかからず慎重に対応してください。夫が本当に会社に泊まっているのか確認するには、職場に電話をかける、差し入れを持って職場を訪れるなどの方法があります。