依頼した以上は必ず証拠を入手したい!

探偵による浮気調査にはまとまったお金がかかるので、依頼するからには必ず成功させたいものですね。はたして浮気調査の成功率はどのくらいなのでしょうか。探偵会社のウェブサイトで「成功率90%」といった宣伝文句を見かけることがありますが、これって本当?

何をもって「成功」とする?

「成功率○%」などと自社のウェブサイト等で謳っている会社の場合、何をもって成功としているのか確かめる必要があります。もしかしたら「ターゲットと女性のツーショットさえ撮れれば、顔は写せなくても成功」としている可能性もあります。そのような写真は証拠としての能力に著しく欠け、払った費用が無駄になってしまうのは言うまでもありません。

証拠を挙げられなければ返金という成功報酬型の会社の場合も同様です。あなたの考える成功と会社側の成功の定義がずれていると、証拠能力の低い写真しか撮れていないにもかかわらず、成功として報酬を請求されてしまう恐れがあります

浮気調査が失敗する原因

調査の成功率は会社によって様々なので一概には言えませんが、浮気調査を得意とする会社とあまり実績のない会社があるのは事実です。探偵業界は個人で経営しているところが圧倒的に多い業界です。そうなると実力にも差があることがわかってもらえるかと思います。

十分な能力や経験のない調査員が担当すると、尾行途中でターゲットを見失ったり、尾行や張り込みがターゲットにバレてしまったりすることがあります。そのような場合には調査続行が不可能となり、調査は失敗という結果になります。調査員側のミスで失敗となった場合には、それまでにかかった費用を除き先払いした料金は返金されるのが通常ですが、お金だけの問題では片付きません

調査員の不手際によって尾行や張り込みに失敗したら、あなたが探偵を依頼したことが夫にわかってしまいます。夫が激怒し、夫婦間の亀裂が深くなりますよね。また、以降夫は極度に警戒するようになり、浮気の証拠をつかむことが非常に難しくなってしまうでしょう。

要注意!あなた自身が原因でバレることも

調査が失敗してしまうのは、調査員が無能なためとは限りません。意外に思われるかもしれませんが、依頼人であるあなたが原因で夫に勘づかれてしまうこともあるのです。調査を依頼したXデーが近づくにつれ、どうしてもソワソワしたりしてしまうもの。しかしあなたが普段と異なる様子を見せれば、夫はすぐ何か怪しいと気づいてしまうでしょう。用心して密会をとりやめられてしまっては、その分の費用が無駄になってしまいます。探偵とのメッセージのやり取りや書類を見られてしまったりなどのうっかりミスにも要注意です。ケンカになった際にも「ウソついたって、こっちには全部わかってるんだからね!」などと口走らないようくれぐれも気をつけてくださいね。

成功率を上げる秘訣とは?

浮気調査が万一失敗してしまうと取り返しのつかない事態になりますから、実績あるベテラン調査員に依頼することが非常に重要です。探偵を選定する際にまずチェックしたいのが営業年数です。営業年数が長ければ長いほど、その会社は実績と信用があると言ってよいでしょうインターネットの紹介記事やクチコミ記事は広告料を払ってのヤラセである可能性もあります。そのまま鵜呑みにするのではなく、必ず自分自身で調査スタッフと直接会うようにしましょう。

探偵会社の信用性と実績をはかるのに最も有効なのは、担当者にできるだけたくさん質問してみることです。「万一、夫が尾行に気づいたらどのように対応しますか」「張り込み中に警察に職務質問されたらどのように対応しますか」など、気になることをどんどん聞いてみましょう。実績あるスタッフであればこうした質問にも難なく答えられるはずです。逆に、素人の思いつくレベルの質問にさえ十分な説明ができないような業者は避けたほうがよいでしょう。

成功への一歩は上手な探偵選びから

探偵に依頼する際にはまず、何をもって成功とするか契約前に十分すりあわせておく必要があります。調査の成功率は業者によって異なるため一概には言えません。調査を成功させるには、浮気調査に十分な実績のある業者を選ぶことが非常に重要です。

探偵の不手際による失敗のほか、依頼人であるあなた自身が原因で夫に気づかれてしまうこともあるので、調査前の言動には十分注意してください。