電車通勤だとGPSは使えない?

夫が浮気していないか、行動をそれとなく調べたい場合には追跡用GPSを利用するとよいとよく言われますね。でも、車通勤ならともかく電車で通勤している場合にもGPSは使えるのでしょうか。

スマートフォンは浮気調査に使える?

電車通勤している夫の浮気調査にあたってまず検討したいのが、スマートフォンの利用です。肌身離さず持っているスマホをうまく利用できれば、浮気の有効な手がかりを得られるでしょう。おすすめなのが浮気調査アプリの導入です。もともとはスマートフォンを紛失したり盗難に遭ったりした際に在りかを調べるために開発されたものですが、位置情報などを追跡できる技術は浮気調査にも役立つのです。浮気調査アプリを夫のスマートフォンに仕込むことができれば、現在位置情報や通話履歴を把握でき、パソコンからの遠隔操作することも可能です。

浮気調査アプリは安価であることと有効性の高さが魅力ですが、いくつか問題点もあります。まず、夫に知られることなくアプリをインストールするのは現実的に難しいでしょう。インストールが夫にバレてしまった際には深刻なケンカになることも覚悟しなければなりません。

GPSをカバンの中に仕込むのが最もお手軽

仕込みやすさの点でアプリに勝るのが小型GPSです。小型GPSは自力での浮気調査にきわめて有効ですが、夫が電車通勤をしている場合には、機器を仕込めるのは実質的にカバンだけ。機器を利用する際にはまず、以下の4つの条件を満たすものを選ぶ必要があります。

  • カバンに入る大きさであること
  • カバンに入れても夫にバレないこと
  • バッテリーや位置情報の精度など性能面が優れていること
  • 安価であること

GPSにはリアルタイムで位置情報を追えるタイプと位置情報を記録するタイプ(ロガー)があります。リアルタイム型の場合は、今どこにいるかがその場でわかる反面、常にターゲットの動きを見張っている必要があります。また、夫がクロであった場合、まさに夫と浮気相手が一緒に過ごしている時間を見守らなければならないという精神的負担があります。

ロガータイプは行動をリアルタイムで見るのではなく、機器を回収してからログ(記録)をチェックするものです。比較的安価に使えるというメリットがあります。浮気の証拠を確実に押さえたい場合は居場所がわかるリアルタイム型、まずは夫の行動を調べたいときにはロガー型を選ぶとよいでしょう。GPS機器は購入・レンタルいずれも可能です。

GPSは名刺大くらいのサイズで重さも50グラム程度と軽量のものもありますが、問題は厚みです。紙のように薄いGPSは存在しないため、仕込む場所は慎重に決める必要があります。電車通勤の場合はカバンにとりつけるしかないので、夫に気づかれないように隠せるかが焦点になります。まずは夫のカバンの形状を調べ、仕込める場所がないか探してください。ポケット裏に縫い付けるなど、容易に発見されないよう工夫する必要があります。

バレたときの言い訳も考えておこう

カバンの中にGPSを仕込んだ場合は、夫にバレてしまったときのことをあらかじめ想定しておくべきです。GPSが仕込まれていたことに気づいた夫は激高するでしょうし、浮気の証拠を押さえられないように当面は慎重に行動するようになるでしょう。レンタルした機器を壊されてしまった場合はあなたが弁償しなければならなくなります。

夫に問い詰められてしまったら、「仕事用のカバンを盗まれて大問題になった事件が最近あったでしょう?心配になってしまったの」と、浮気調査ではなくあくまで防犯のためだと言ってみるのはどうでしょうか?

GPS以外の調査手段もある

電車通勤であることを逆手に取った調査方法もあります。夫のICカードを持ち出し、駅の券売機で「履歴表示」を見てみましょう。日付と乗車・降車駅が直近20件程度、表示されるはずです。画面を撮影しておけば、夫が会社と自宅以外の場所に足を向けていないかがわかるでしょう。

また、夫が「残業で遅くなる」と言って出かけた日には、本当に残業しているかどうか会社に電話して確かめてみるとよいでしょう。残業と言いつつ定時に退社していた場合には、その曜日が浮気デーである可能性があります。夫の行動パターンがある程度つかめれば、探偵をピンポイントで依頼することができるようになり、費用も抑えられます。

GPSは浮気のシッポをつかむための補助手段

GPSやICカード等から得た情報は、夫のウソを暴いたり浮気場所を突き止めたりするのに一定の効果を発揮します。しかし、これらはいずれも浮気の決定的な証拠とはなりえません。GPSによって、会社以外の場所に長時間滞在していたことがわかっても、浮気していると断定することはできないからです。決定的な証拠を押さえたい場合は、自力調査で得たデータをもとに、探偵に証拠確保を依頼することをおすすめします。データがあれば、必要最小限の費用で証拠を押さえられる可能性が高まります。

自力調査で手がかりをつかもう

電車通勤の夫の浮気を調べるには、スマートフォンの浮気調査アプリを夫のスマホに仕込む、リアルタイム型もしくはロガー型のGPSを夫のカバンに仕込むなどの方法があります。夫の持ち物に仕込む場合には、気づかれたときの言い訳をあらかじめ考えておくとよいでしょう。

GPS以外の調査手法としては、ICカードをチェックしたり、残業しているかどうか会社に電話して確認するなどの方法が考えられます。