もしかして、夫になめられてる?

浮気を繰り返す夫。離婚するつもりはないようですが、相手と別れるつもりもないようです。浮気をやめてもらえないのは、夫からなめられているから? 夫に浮気をやめさせるにはどうしたらよいのでしょうか。

浮気夫は後先のことまで考えていない

悪の誘惑に駆られることは誰にでもあります。ただ、理性と常識のある人であれば、バレたら大変なことになるのがあらかじめわかるので、軽率な行動は慎もうという自制が働きます。一方、犯罪でも浮気でも、悪いことをする人はおしなべて、目先の快楽や利益にしか目が向かないという特徴があります。浮気は夫婦間の信頼関係を破壊する行為ですが。先のことを考えないタイプの人間は「バレないようにすれば大丈夫だろう」という程度の浅はかな考えで浮気に走るのです。

また、あなたが専業主婦の場合や小さい子供がいる場合などは、浮気されてもどうせ離婚には踏み切れまいと高をくくっている可能性もあります。バレてもなんとかなると安易に考えているという意味で、夫はあなたのことをなめているといえるでしょう

浮気夫を改心させるには?

浮気夫は理性で欲望を抑えることができず、とことん自分に甘いという特徴があります。「浮気はやめないけれどあなたと別れるつもりはない」という状況は、あなたをなめている野ではなく依存心の強さのあらわれだと考えてください。火遊びが終わったら家庭に帰って癒やされたい、浮気相手にフラれたらあなたのもとへ戻りたいという身勝手で自己中心的な考えが夫の心の中にあるのです。

夫は自分が何をしても、妻であるあなたは受け入れてくれると無意識のうちに甘えています。そのため、浮気夫はバレてもうまく立ち回れば切り抜けられると愚かにも思い込んでいます。そしていざ浮気がバレてしまったときには、あわてて言い訳やら口先だけの謝罪やらを並べ立てます。とりあえず窮地を脱するために浮気夫は何でも言いますが、本当に反省しているわけではありません。すべてその場逃れの言い訳ですから、すぐに信用してはいけません

夫に泣きつかれて一度目の浮気を許してしまうと、二度目三度目も同じ展開をたどることになってしまいます。夫をつけあがらせないようにするには、「浮気したら離婚」とあなたがまず強く宣言しておくことが重要です。加えて、女友達とメールのやりとりはOKでも二人きりでの食事はNGなど、人付き合いのルールをあらかじめ決めておくと、よけいなトラブルを防ぐのに効果的です。

許す際には交換条件を設定しよう

夫に浮気を繰り返させないためには、一度目の浮気が発覚したときの対応が非常に重要です。離婚を回避したい気持ちを見透かされると、その弱みにつけ込まれてしまいます。本心はどうあれ、離婚も辞さないという姿勢を打ち出していかなければなりません。

甘ったれた考えを持っている夫の目を覚まさせるには、何らかのショックを与えることが重要です。離婚届をテーブルの上に置いておく、書き置きを残して実家に帰るなど、離婚の意思を形にして示すことで、浮気したら離婚というのが脅しではないと夫に実感してもらう必要がありますね。

夫が平謝りし、あなたのほうも離婚は望んでいない場合は、再構築のチャンスを与えてもよいでしょう。その際、無条件に許しを与えてしまうと、喉元過ぎればなんとやらです。二度目の浮気を招くおそれがあります。ただ許すのではなく、もう一度チャンスを与える代わりに浮気相手の情報を要求するなど、必ず交換条件を設けてください。離婚や慰謝料請求にあたって決定的となる情報を得ることで、あなたが主導権を握れるようになります。毅然とした態度を貫きつつ、浮気を許せないのは愛情があるからだと夫にきちんと伝えることが成功の秘訣です。

なめているというより甘えている

浮気する夫はあなたのことをなめているというより、バレても最終的には許してもらえるだろうという甘えているのだと考えられます。

一度目の浮気をすんなり許してしまうと二度目の浮気を招くおそれがあります。再構築のチャンスを与える際には、次に浮気をしたら離婚だと宣言をし、許す代わりに浮気相手の情報を出させるなど交換条件を設定して夫に浮気をしたら次がないと時間してもらうことが重要です。