部下とプライベートでやり取りするのって普通?

夫の様子がおかしいので調べたところ、会社の部下である独身女性とLINEのやり取りをしていることが発覚しました。会社の部下と業務外でやり取りをするのはよくあることなのでしょうか。2人のやり取りはとても親密そうで、ただの上司・部下の関係ではないようです。妻としてどう対処したらよいのでしょうか。

職場での不倫が多い理由

会社は本来仕事をする場であるのは言うまでもありますが、男女が集い毎日のように顔を合わせていればどうしても「アクシデント」が起こります。力を合わせて目標に取り組んだり、長い時間を一緒に過ごしたり、仕事上の悩みを話し合ったりしているうちに恋愛に発展するというのはよくある話です。

あなたは夫の仕事に対してどれだけ理解を示してあげられていますか?男性は仕事で頑張る、結果を出すということにとても価値を感じて生きています。生きがいだと思ってもいいでしょう。もしもあなたが、「いつも帰りが遅い」とか「仕事ばかりで家のことを見てくれない」と思ってばかりで夫の仕事に対して理解を示してあげられていない時、夫が一番自分のことを理解をしてくれていると感じるのは女性の部下になっているかもしれません。

女性部下にとって男性上司は頼もしく魅力的に映ることがありますし、憧れの感情を抱くことがあります。そんな姿に夫は自分のことを理解してくれていると感じているのでしょう。

また、女性部下の憧れが恋愛感情に変わることもあるでしょう。男性上司から見た時に、女性の部下は年も若く、健気にがんばる姿に惹かれてしまうことがあります。

ただ、恋愛に似た感情が芽生えてしまったとしても、どちらかが既婚者であれば理性で踏みとどまるのが一人前の社会人というものですよね。

かわいがっているだけなのか、浮気相手なのか

公私のけじめをきちんとつけられない人は社会人失格です。職場にプライベートを持ち込むべきでないのと同様に、プライベートにも職場の人間関係を持ち込むべきではありません。業務時間外でのやり取りが必要な業種や職種であればやむを得ないでしょうが、既婚の男性上司である夫が独身の女性部下とプライベートで、しかも仕事に関わりのないことでやり取りするのは非常識と言うほかありません。奥さんに対する配慮が少ないですよね。

ただ仲が良いだけなのか、浮気の関係なのかはやり取りだけでは判断できないでしょう。休日などに夫が不審な外出をしていないか、飲み会と称して帰りが遅くなる日が増えていないか、不審な出費が増えていないか、夫の持ち物に変化はないかなど夫の言動に注意を向けてみましょう。女性部下と男女の関係に発展しているなら、必ずなんらかの兆候が現れます。

非があるのは上司である夫

浮気について会社に相談するという方法は取らない方がいいでしょう。夫がやり取り相手の女性部下と毎日顔を合わせていると思うと、あなたとしては心配でならないでしょう。会社に連絡して女性部下を異動や退職処分にしてほしいと思うかもしれませんが、より責任が重いのは夫です。

仮に部下のほうから夫にアプローチをかけたとしても、上司である夫は部下に対し「業務時間外でのやり取りは社会人として非常識だよ」と教え諭すべき立場であるはずです。また、部下としては司からプライベートで連絡が来たら応じざるをえません。無視したりしたら、社内での評価などで不利益な扱いを受けたりするのではないかという不安もあるでしょう。夫の行為は、部下のこうした心理を無意識に利用した一種のセクシャルハラスメントであるおそれがあります。

夫と部下とのやり取りや不貞関係をあなたが会社に相談したとしても、重い処分を受けるのは上司である夫です。部下のほうは「上司からの誘いを断れなかった」と、セクシャルハラスメントを主張してくる可能性があることを頭に入れておきましょう。

プライベートでの連絡、どうすればやめさせられる?

夫にとって、女性部下とのやり取りは日々の楽しみになっているのでしょう。しかし妻としてはやはり、夫に理性を取り戻してもらいたいですよね。女性部下との親密なやり取りは後々自分の首を絞めかねないと説き伏せ、やり取りをやめさせましょう。といっても、表側では連絡を取らないにしても毎日顔を合わせるようなことがあれば水面下で連絡を取り始めるので、浮気だと感じたのであれば浮気の証拠集めをおススメします。

また、仕事の関係などでどうしてもプライベートでの連絡が必要な場合は、その他の部下も含めていちど家に招いてみることをおすすめします。妻の存在をアピールすることは相手への最強の牽制になりますし、夫と部下とのやり取りを見てどんな関係性なのか知ることもできるでしょう。

非常識なふるまいは即刻やめさせよう

女性部下とのプライベートでのやり取りは社会人として非常識であるといえます。夫の行動を調べ、やり取り以外にも浮気の兆候があるか確認しましょう。もしも浮気だと感じたときはすぐにでも浮気の証拠を押さえて、話し合いをして別れさせましょう。

夫と女性部下との関係を会社に訴え出たとしても、より重く責任を問われるのは上司である夫です。セクシャルハラスメントにも問われかねないことを忘れないようにしてください。