女子大生との浮気、どう対処すべき?

夫が未成年の大学生と浮気をしていました。学生である相手に慰謝料請求などはできるのでしょうか。請求ができるにしても、相手の連絡先もわかりません。夫はどうやら相手をかばうつもりのようです。こんなとき、どうしたらいいのでしょうか。

大学生にも浮気の慰謝料請求ってできるの?

大学生であっても、自分の行為が法的に許されるか許されないかという判断は自分で下すことができます。そして自分の行動が引き起こしたことについて責任をとることもできます。未成年・大学生でも法的には責任能力は認められるので、慰謝料請求をすることは可能です。ただし、夫が独身だと嘘をついて大学生を誘い、彼女が過失なくそれを信じていたという場合には慰謝料請求できませんので注意してください。

慰謝料請求をするのであれば、まず内容証明郵便を送ることから着手します。相手の身元や連絡先がわからなければ、夫から聞き出すしかありません。慰謝料請求のためと言ってしまうと夫が口を割らなくなると考えられるので、まず相手女性と直接話をしたいともちかけてみるとよいでしょう。

学生との浮気は犯罪になるのか?

慰藉料問題とは別に、学生との浮気が罪に問われないかは気になるところですね。重要なのは学生か否かではなく年齢です。相手が未成年者の大学生であっても、18歳以上であって双方が合意の上で肉体関係を持ったのであれば、夫が罪に問われることはありません

裁判に発展したら?

内容証明郵便を送ることができたとしても、相手が素直にあなたの要求に応じるとは限りません。大学生はまだまだ世間知らずです。不倫がいけないものだとは一応わかっていても、法的にも不法行為となることなどは理解できていない可能性がでてきます。中にはそれだけのことをしたと自覚のない子もいて、連絡をしても無視をしたらやり過ごせるだろうと考えている人がいます。未成年だったりしたら「学生の自分は法的責任を問われないもの」と思いこんでいるかもしれません。

また一般的に、大学生であれば経済力はほとんどないですよね。相手が慰謝料の支払いに応じない場合、訴訟を起こすことも視野に入ってきます。相手方が経済力のない大学生だから代わりに親を訴えるということはできないので注意してください。被告は大学生本人し、法定代理人として親権者である親を訴状に記載することになります。

相手の親にばらすのは少しまって

話し合いの段階を越えて法的な処置へと進んだとき、相手の大学生は一人では対応しきれなくなるかもしれません。その場合は親に相談することになるでしょう。不倫の期間、夫と相手の関係性などにもよりますが、まだ世間を十分知らない学生と社会人である夫のどちらにより責任があるか、冷静に考えてみてください。相手の親がすんなり娘の非を認めるでしょうか。

大学生本人も、親にはできれば知られたくないはずです。相手の親に知られることがあなたにとって有利な展開になるとは限りません。慰謝料請求はできますが、あまり相手を追い詰めず、穏便に解決することも考えてみてくださいね。

責任があるのはあくまで夫

夫が相手の女性をかばうのはある意味、当然とも言えます。仮に女性のほうから誘ったとしても、夫は大人として分別ある対応をすべきだったのです。万一、夫の職場にこのことが知れ渡ってしまったら大変なことになるでしょう。

夫のほうも、家庭を捨ててまで相手女性と一緒になるほどの覚悟はないはずです。若さに目がくらんだのかもしれませんよね。反省の態度を見せているなら、重いペナルティを科した上で再構築するのもひとつの道です。小娘を追いかけ回すのはやめ、最大の加害者である夫にきちんと責任をとらせることを考えてみてはいかがでしょうか

学生でも慰謝料請求自体は可能

夫の浮気相手が大学生であっても責任能力は認められるため、慰謝料請求は可能です。経済力がない場合でも、代わりに相手の親に支払い請求をすることはできません。

夫のほうに責任があることを考慮し、対応は慎重に判断してください。