泳がせておくのは辛いけれど……

夫の浮気が発覚。すぐさま問い詰めるのも場合によってはアリですが、はっきりした証拠がまだつかめていない場合は対応を迷いますよね。夫を泳がせ、証拠を確保するのが得策だと頭ではわかっていても、何事もなかったようにふるまうのは精神的に辛いもの。この時期をどのように乗り切ればよいのでしょうか。

すぐ問い詰めてもケンカにしかならない

ケンカ夫がよその女性とLINEで親密なやりとりをしているのを発見してしまったとしましょう。やり取りだけでは不貞行為(肉体関係)の証拠として決定的とは言えませんが、十分に怪しいことは確かです。このときすぐさま夫にスマホを突きつけ問い詰めてしまうのはおすすめできません。あなたが自分のスマホを勝手に見たことに対し、夫が怒るのは明らかです。夫にやましいことがあれば逆ギレ状態になるでしょうし、仮に夫が無実である場合は「俺のことが信用できないのか!」と怒るでしょう。どちらにしても決して良い結果にはなりません。

 

怪しい兆候を発見したら、夫を問い詰めるのではなく、まずやんわりと釘を刺しておくことをおすすめします。二人でくつろいでいるときなどに「最近、帰りが遅いし休日出勤も多いよね。仕事忙しいの? 体調を崩さないか心配よ」と優しく言ってみましょう。また、芸能人の不倫ゴシップ騒動などにかこつけて「不倫なんて絶対に許せない! 人としてありえないよね?」と、不倫を許容しない姿勢をアピールするのも効果的です。浮気の兆しを見つけてから慌てて問い詰めるのではなく、ふだんから不倫=悪という空気を作っておくことが大事です。不倫はダメという価値観を夫に思い起こさせ、共有することで、夫が反省し行いを改める可能性はあります

「泳がせる」って具体的にどういうこと?

監視泳がせるというのは、口では何も言わず、夫に不審な行動がないかさりげなく身を光らせることです。このとき重要なのは、夫に警戒させないように気をつけること。重点的にチェックすべきポイントは、外出・お金・スマホの3点です。

 

まず、夫の外出記録をつけ、一定の曜日に帰りが遅くなったりしていないか、飲み会がやけに増えたりしていないか調べてみましょう。また、ホテル代や相手へのプレゼント代、飲食代など浮気には何かとお金がかかります。クレジットカードの利用明細は必ず調べるようにすることをおすすめします。口実としては「最近、クレジットカードの不正使用が多いみたいだから心配で」と言うのがよいでしょう。スマホでは、女性とのやり取りがないか確認してみてください。

 

外出・お金・スマホの3点をチェックし、怪しい点があったら撮影したりコピーをとったりなどして、保全しておいてください。離婚をするにしても、相手と別れさせて関係修復するにしても、証拠がなければ物事を動かすことができません。

真実を知らないでいるより知ったほうが傷は浅くて済む

真実泳がせ期間中には、夫への信頼感が揺らいだり、見たくないものまで見てしまうこともあるでしょう。夫との離婚は選ばず、家庭を壊すようなあからさまな言動がない限り浮気には目をつぶるという選択肢もないわけではありません。その場合は証拠確保のことは一切忘れ、スマホのチェックもやめて、浮気疑惑のことは考えないようにするしかありません。

 

そうした生活には耐えられないのであれば、辛くても真実を見るしかありません。「夫は残業だと言っているけれど、本当はいま他の女性と過ごしているのではないだろうか」と悶々と過ごす時間は辛いものです。疑惑に身をさいなまれるより、いっそ真実を知ってしまったほうがあなたのためになるのではないでしょうか。本当のことがわかれば、自分がどう動けばよいかも見えてきます。夫と話し合い、夫婦のあり方を見直すこともできますし、離婚の手続きに入ることもできます。いっさいに目をつぶるか、真実を見るか、決めるのはあなた自身です。

ここが正念場!賢く冷静に動こう

賢く夫の浮気の兆候を見つけてすぐに問い詰めてしまうと、ケンカになってしまい解決が遠のくおそれがあります。問い詰めるより、ふだんから不倫は許さないという価値観を夫と共有しておくことが大切です。

 

離婚するにしても関係修復するにしても、状況を動かすためには証拠は不可欠です。口は出さず、夫の外出記録、お金の支出、スマホをチェックすることをおすすめします。疑わしいものは撮影するなどして証拠保全に努めてください。