夫のことをもう信じられない!

出会い系、キャバクラ、風俗などこれまで何度も女遊びを繰り返してきた夫。遊びを責められると「お前しか愛していない」と謝るものの、いっこうに改心する様子がありません。もはや夫を信じられなくなった今、このまま仮面夫婦状態を続けるしかないのでしょうか。

風俗も不貞行為になる

風俗結婚したら配偶者以外の人と性的関係は持ってはいけないということは、子どもでもわかりますよね。法律の上で夫婦の間には貞操義務があり、浮気すなわち不貞行為は民法770条で離婚事由の一つとして挙げられています。

 

不貞な行為とは「本人の自由な意思に基づき、配偶者以外の者と性交渉を持つこと」と定義されています。本気の恋愛か遊びかという気持ちの部分は関係なく、定義を外形的に満たしていれば不貞行為と認定されます。つまり、ソープランドやデリヘル、出会い系、キャバクラなどを通じてよその女性と肉体関係を持てば、本人は遊びのつもりでも不貞行為を犯していることになるのです。

 

夫の不貞行為を立証できれば、離婚となった際に慰謝料を請求することができます。まずは風俗店のメンバーズカードや支払い明細、女性とのメールやLINEのやりとりなどを撮影するなどして、夫の女遊びの証拠を集めましょう。

 

「愛してるのはお前だけ」ってホント?

妻として、夫の女遊びを容認できないのは当たり前です。もし夫が本当にあなたのことを大切に思っているなら、あなたを傷つけるようなことは決してしないでしょう。夫は自分の女遊びをとても軽く考えている可能性があります「単なる遊びだし、最終的には妻の元へ帰るのだから、何が悪い?」というぐらいの認識なのでしょう。「愛している」という夫の言葉はウソではないかもしれませんが、自分の度重なる女遊びによってあなたがどれほど傷ついているかにはまったく目を向けていません。夫にとっては、あなたの幸せ<<自分の快楽なのです。

夫はいつか改心するか?


謝罪女遊びを繰り返す夫が改心する日は来るのでしょうか。夫が離婚に応じないのは、残念ながらあなたへの愛情からというより、今の安定した生活をずっと続けたいためと思われます。子どもが生まれれば夫の行いも改まるのではないかという期待があるかもしれませんが、夫婦の仲に子どもの有無は必ずしも関係ありません。

 

我慢し続けるということは、容認することと同じです。口では「やめてほしい」と言いつつ、「愛している」の一言で簡単に言いくるめられてしまうあなたは、夫にとってまことに都合の良い存在になってしまっています。

 

あなたがいくら訴えても遊びをやめようという努力すら一切しないという夫のふるまいから考えて、夫がこのさき行いを改める可能性はないと断言してよいでしょう。あなたの選択肢は、夫の女遊びを見て見ぬふりをして仮面夫婦状態を続けるか、結婚生活にきっぱり終止符を打つかの二つに一つです。

なぜ離婚に踏み切れないのか、自分の本心を直視しよう

考える女遊びをしていても、家庭にきちんとお金を入れるなら容認してもよいという価値観もあります。世間には実際にそのような仮面夫婦がたくさんいます。しかし、他人は他人、あなたはあなたです。もう夫のことを信じられなくなったということは、夫が信頼に値する人間ではないということにあなたがようやく気づいたということを表しています。これは大きな一歩です。

 

次の一歩は、「信じることのできない人間と生涯を共にしたいか」と自分の心に問いかけてみることです。何度も裏切られながら、それでも離婚を決断できないでいる理由はなんなのか、あなたは自分の内面を直視しなければなりません。夫への愛情がまだ残っているのか、離婚後の生活が不安なのか、結婚に失敗したという事実を受け入れられないからなのか。真の理由が明らかになれば、先へ進む道は開かれます

自分が本当に望むことは何か考えてみよう

空出会い系や風俗など、いわゆる遊びでの性的関係も、民法770条に定める「不貞な行為」に該当します。風俗店のメンバーズカードや支払い明細、スマホでの女性とのやり取りなどを撮影するなどして、夫の女遊びの証拠を確保してください。

 

女遊びをやめる努力も一切しないという夫のふるまいから考え、このさき夫が改心する可能性は低いと思われます。このことを踏まえ、今後自分がどうしたいのか自分の心に問いかけてみてください。