頻繁な外出、本当に忘年会なの?

忘年会に行くと言って、年末にかけて結構な頻度で出かけていく夫。遅い時間に帰ってきたり、連絡もなく朝帰りなんてこともありました。朝帰りも許せませんが、誰との忘年会なのかはっきりと教えてくれなかったり、「何時に終わるかわからない」と帰宅時間を曖昧にしたり、忘年会の後に誰かとLINEのやり取りをしていたりなどの怪しい行動が見られる場合、忘年会でなくて浮気なのでは?と思ってしまいますよね。夫に浮気の前科がある場合はなおさらです。本当に忘年会なのか、忘年会を口実にした浮気なのか、確かめるにはどうすればいいのでしょうか。

忘年会は浮気の都合の良い口実になる

1年の仕事を納めたという達成感と解放感が高まる年末は、1年の中でも気分が盛り上がりやすい時期です。まして忘年会ではお酒がつきもの。女性と一緒にお酒を楽しむ機会が増えること、解放的な気分、お酒の勢いと3つの浮気要素が出揃い、夫がハメを外しやすくなる下地が自ずとできあがってしまう時期といえるでしょう。

付き合いの多い夫の場合は、仕事関係のほか趣味のサークルや地域の会合、友人たちとの集まりなど、いくつもの忘年会に顔を出すことになるでしょう。妻であるあなたも夫の付き合いのすべては把握しきれていないはず。

「友人との集まり」に、どんな人たちが集まるのか根掘り葉掘り聞くのは、うるさい妻だと思われそうで、めらわれるのではないでしょうか。逆に夫にしてみれば、外出の口実を作りやすい、誰と何のために会うのかという細かい説明からも逃げやすいという都合の良い状況ということになります。

クリスマスシーズンの忘年会は浮気の可能性あり

忘年会シーズンはクリスマスとも重なっています。忘年会と称して浮気相手とクリスマスデートを楽しんでいるのではないかも気になるところですね。夫にバレず真相を突き止めるには、お金の流れを調べてみるのが最も簡単かつ確実な方法です。

クリスマス時期の浮気ともなれば、食事代やプレゼント代など特有の出費が必ずあります。夫のポケットやカバンの中から、不審なレシート等が出てこないか調べてみましょう。また、相手からプレゼントを受け取ることもあります。マフラーや手袋など、夫の身の回りに見覚えのない品物が増えていないか注意してみてください。

夫に不倫の前科がある場合は要注意

夫が過去に一度でも浮気したことがある場合は、忘年会に行くという夫を気持ちよく送り出すのはあなたにとって難しいでしょう。忘年会というのは口実で、本当は浮気相手と会っているのではないか、終電を逃しての朝帰りではなく、相手とホテルで過ごしていたのではないかという疑念がぬぐえないはず。過去に浮気したことで、夫は誘惑に弱い性格であることは残念ながら証明されてしまっています。あなたの心配はもっともなのです。

厄介なのは、忘年会があること自体はおそらくウソではないという点です。本当に忘年会なのに、浮気の前科があるからといって「女性と会うんじゃないの?」としつこく疑ってしまうと、夫も気を悪くしてしまうでしょう。

浮気を牽制しつつ、嫉妬深い妻と感じさせないようにするには次のような手を打つことをおすすめします。

  • 二次会には行かないと約束させる
  • こまめに連絡すると約束させる
  • 忘年会をおこなうお店と時間、幹事の名前を確認する

連絡がなかったらお店に電話すると宣言しておいてもよいでしょう。夫に浮気の前科があるなら、これくらいの条件は呑ませて当然です「1年間がんばったあなたを気持ちよく送り出してあげたいから、これだけの約束は必ず守ってね!」と優しく言ってみてくださいね。

忘年会シーズンは何かと誘惑が多いものですが、「浮気しているんじゃないだろうか」といちいち気を揉んでいてはあなたも気持ちが休まるヒマがないでしょう。あなたが心配するのもわかりますが、しっかり対策を講じたら、夫を信じて笑顔で送り出す姿勢も大切ですよ。また、ひたすら夫の帰りを待つ身は辛いものです。あなた自身も交流の幅を広げ、忘年会シーズンを楽しんでみませんか?そして、忙しい忘年会シーズンの中でも、家族が一緒に過ごし絆を確かめあう場をつくるようにしてくださいね。

疑えばキリがない!信じる気持ちも必要

忘年会は外出の口実にしやすく、誰と何のために会うのかを曖昧にしやすいため、浮気の隠れミノにしやすい面があります。女性との接触が増え、お酒が入るという点でも浮気に走りやすいシーズンと言えるでしょう。

二次会には参加しない、こまめに電話するなどの約束をさせたら、夫を信じ気持ちよく送り出す姿勢も大切です。