なぜ、あえて妻の妹に手を出すの?

夫があろうことか妹に手を出していたことが発覚。妻の妹と関係を持つなんて、いったい何を考えているのでしょうか。離婚は避けたい気持ちがあっても、夫との関係を修復するのはなかなか難しいでしょう。これからどうしていけばよいのか考えていきたいと思います。

夫や妹は何を考えているの?

不倫はパートナーの心を深く傷つける行為なのは言うまでもありません。しかも相手が妹となると、人として最低という以外に言葉が見つかりませんね。

普通に考えれば妻の妹と関係を持つなんてありえないと思いますが、実は意外と起こりうる話です。まず、義理の妹といっても夫にとっては異性であることに変わりはありません。義理の妹としてより、女として見てしまうこともあるでしょう。身内同士ということで一つ屋根の下で接する機会もあります。そしてなんといっても、妹は妻であるあなたと面影が似ており、なおかつ若い。夫にとって心惹かれる要素があると考えたほうがよいでしょう。

妹にとっても夫は身近な目上の男性です。ほのかな憧れを抱いたとしてもおかしくはありません。また、妹自身の私生活がうまくいっていない場合には、同じ女として姉のあなたに嫉妬心を持つこともありえます。義兄を誘惑して姉の幸せな家庭を壊してやりたいという無意識の欲求が働くこともあるかもしれません。

まずは個別に事情聴取を

身内で妻の妹もしくは姉の夫と不倫したことが周囲にばれたら大変なことになるのは目に見えています。もし相手に惹かれてしまったとしても、まともな人間なら理性で歯止めをかけます。ばれたときのダメージ、そして人間としての倫理観がブレーキとなるはずです。どうして肉体関係に発展してしまったのか、まずは妹と夫の双方に事の経緯を聞いてみましょう。三者面談はこじれるもとですので、必ず個別に話を聞くようにしてください。

親には話さないほうがいい

親にとって、大切な娘たちの間での不倫トラブルはショックが大きすぎます。3人とも大人なのですから、自分たちがしでかしたことの責任は自分たちでとれるはず。親に話しても話がややこしくなるだけですから、まずは当事者間のみの秘密とすることをおすすめします。年を取った親を悲しませるのは避け、自分たちだけで解決しようとしてみてください。

妹と夫、どちらをとるべき?

姉の夫を奪った妹、妻の妹に手を出した夫。より責任が重いのはどちらでしょうか。もちろん夫が強引に迫った場合は別ですが、お互い合意の上であればどっちもどっちと考えるべきです。夫婦の絆と姉妹の絆はいずれもかけがえのないものであり、裏切った罪は同じくらい重いのです。

3人の関係を今後どうするかはあなたが主導権を握って決めていいんですよ。まず、自分はどうしたいか、もしくはどうしたくないのか、自分の心に問いかけてみてください。もし夫が自分の弱さや愚かさを認め、心から謝罪するのであれば、再構築することも不可能ではありません。夫をとるのであれば、妹とはきっぱり絶縁したほうがよいでしょう。表面的に和解することができたとしても、妹の存在は夫婦の仲に暗い影を落とします。過去を忘れ夫婦のこれからを考えていきたいのであれば、禍根となる妹は断ち切る覚悟をしなければなりません

以前から夫が女と見れば見境なく手を出す浮気性で、今回は相手がたまたま妻の妹だったというのであれば、夫との再構築は難しいでしょう。妻の妹との不倫という最大のタブーをすでに犯しているわけですから、この先どんなひどい仕打ちをされても不思議はないですよ。あなたが夫を好きだと思っている気持ちも分かりますが、その先の道は修羅の道だと思った方がいいです。

妹のことを許せるかどうかはまた別の問題です。姉妹の仲は時が解決してくれることを待つしかありません。大切なのは、夫もしくは妹を「許さなければ」と自分を追い詰めてしまわないでくださいね。夫婦の誓いを立てた夫、血を分けた妹の双方からこの世で最も残酷な仕打ちを受けたのですから、許せない気持ちになるのは当然です。裏切り行為を働いた夫や妹のことをあなたが気にかける必要はまったくありません。自分が前向きに生きられる道だけを考えてくださいね。

夫をとるなら妹との絶縁もやむなし

まず妹と夫の双方から事情を聞き、事の経緯を把握しましょう。親に相談するのは避け、自分たちだけで解決するよう努めましょう。夫と再構築できる可能性があるなら、妹との絶縁も検討するべきです。夫に浮気の前科がある場合は、今後も改善の可能性は低いでしょう。あなたが「どう生きたいのか」という思いだけは忘れないでくださいね。